VOCALOMAKETS代表のBumpyうるしです。

先日、VOCALOMAKETSのオリジナルメンバーのひとりでありますアカサコフさんから、VOCALOMAKETSを脱退されたいとのご意向を伺いました。

これまで、そして現在も、VOCALOMAKETSのメンバーはそれぞれ、仕事や家庭もあるなか、結月ゆかりや紲星あかりの運営を行ってきています。アカサコフさんは、その中でも特に多くの時間とお力をVOCALOMAKETSのために費やしてきてくれた存在です。そして、そのおかげで、今のVOCALOMAKETSがあり、結月ゆかりや紲星あかりが誕生し、成長してこられました。

思い起こせば2009年から始まり、道理で皆おっさんになったと思ったら、もう10年も経っていました。

ぱやPとアカサコフさんの3人で、「ボカロを作りたいね」ということから始まり、勢いと情熱だけで突き進み、次いでちょむP、喜兵衛さん、かごめP、azumaくん、とメンバーは7名になり、2017年にはいつも司会をやってくれていたいぶし銀次さんもメンバー入りして8名となりました。

個性あるメンバーが揃っていたおかげで、奇抜なアイデアや展開方法、困った時の打開策など、いろいろなことを乗り越えることができました。

その中でも、アカサコフさんはVOCALOMAKETSのお母さん的存在とでも言いましょうか…私が突っ走るのをいつも上手に止めてくれたり、皆をまとめてくれたりしました。けしからんことを考えていると、「これ、アカサコフさんに怒られちゃうね」なんて、メンバー内で自重したことも多々ありましたね。

そんな頼れる存在がいなくなってしまうことはVOCALOMAKETSにとって大きな痛手であり、これからの活動に不安もあるのが正直なところです。しかし、これまで長い間、アカサコフさんにはVOCALOMAKETSの活動に多大な尽力をいただいてきましたので、今後のアカサコフさん個人の活動、またご家庭・プライベートを尊重し、今回の決定に至りました。
(でも、たまには助けてください…)

文才がないので上手に表現できませんが、アカサコフさん、今までありがとうございました。

…と書くと、まるでお別れのようになってしまいますので、VOCALOMAKETSのメンバーではなくなってしまったということ以外は今までどおり、これからもアカサコフさんはアカサコフさんであり、引き続き何卒よろしくお願いします、と申し上げて、VOCALOMAKETS一同からの送る言葉とさせていただきたいと思います。

VOCALOMAKETS Bumpyうるし
VOCALOMAKETS 一同

人気記事 >>

関連記事 >>